診療案内

当クリニックでは歯周病治療が、虫歯からインプラントまですべての歯科治療の根幹をなすものであるという考えに基づき、すべての治療を進めています。
いいかえればすべての歯科治療を、QOL(Quality of Life)の向上に有効なものとするためには健康な歯周組織(歯肉・歯槽骨など)を回復させ、維持することが絶対に必要な条件と考えます。

歯周病の原因

口の中にはバイ菌がたくさん住んでいます。
口の中を不潔にしておくと歯の表面にプラークと呼ばれるバイ菌の塊が出来ます。
このプラークが作る有害な物質が歯周病やムシ歯の原因です。

プラークは歯と歯の間や歯と歯肉の隙間にたまりやすく通常の歯ブラシの使用のみではなかなか取れません。
プラークが長くついているところはしだいに硬くなり歯石となります。
プラークはブラッシング(歯を磨くこと)やフロッシング[デンタルフロス(糸ヨウジ) で歯の間を磨く]を行うことで取り除くことができます。
しかし、歯石はブラッシングやフロッシングでは取り除くことは不可能です。

歯周病

歯の面についたプラークが歯肉に炎症を起こします。
歯を磨いたときやリンゴを噛じると血が出る、歯肉が赤い、口臭がするなどは歯肉炎の危険信号です。
しかし、はじめの頃は痛みがないのが特徴で、なにもしないでおいてもこれらの症状は軽くなることがあります。

しかし、決して良くなっているわけではないのです。
もし、歯肉炎が治療されないで放置されるとプラークの量はどんどん増え、歯と歯肉の間の隙間は深くなりポケットと呼ばれるようになります。
また、歯石の量も増え、やがて歯を支えている骨が破壊されると歯周炎と呼ばれる状態になります。
歯がぐらぐらする、血や膿がたくさん出る、歯肉の腫れを繰り返す、歯肉がさがるなどは歯周炎の特徴で、進行した例では歯が自然に抜けることもあります。

歯周病の治療

歯肉炎の段階で適切な治療を受ければ、歯周炎になることを防ぎ、治療も比較的簡単です。
治療の内容は歯の面についたプラークや歯石をすべて取り除く必要があります。
また、症状に応じて歯の噛み合わせの調整や歯の揺れをとめるために歯を連結することもあります。
進行したケースでは小さな手術が必要となることもあります。
治療回数や日数は病気の状態や程度によって異なります。
歯肉炎の状態ならば最低3ヶ月、8~10回の治療でよいでしょう。
歯周病の場合は最低6~18ヶ月、12~32回以上の通院が必要となります。
これらの通院回数は病気の状態や程度によって大きく変わりますので、担当の先生に詳しく聞いてください。
治療後、効果の判定を行ったのちに健康な状態が維持できていれば定期的に歯周病の管理を行って再発の防止につとめます。
しかしながら、口の中からバイ菌をなくすることは不可能ですから、歯周病が再発する危険性は十分あることを理解しておいて下さい。

歯周病の治療や予防を行うためには患者さんとわれわれのチームワークが必要です。
患者さんにお願いしたいことは、歯周病の原因であるプラークを取り除くために正しいブラッシングを毎日してほしいということです。
また、歯ブラシの使用のみでは歯面からプラークは半分しかとれませんのでデンタルフロスや歯間清掃ブラシも毎日使用して下さい。
担当医か衛生士が教えますので、正しい使用法をぜひマスターして下さい。
患者さんの協力無しでは歯周病の治療は成功しませんので積極的に治療に参加してくれるようお願い致します。