診療案内

歯周病組織再生誘導療法

歯周組織再生誘導療法について

近年の歯科医療、特に歯周病治療の分野[インプラントを含む]における歯周組織再生のために用いる生体材料の進化のスピードはめざましいものがあります。
それにより我々専門医の歯周病に対する治療目標も大きく変化しています。

今までの歯周病治療は、歯周病になる以前の健康な状態に戻すことではなく、症状の進行を止め、歯周組織の修復を図る事が最大の目標でした。

しかし、最近では、条件さえ整えば、歯周病で失った歯根膜、骨などの歯周組織を再生させ歯を保存することができる可能性が高くなり、歯周病治療の新しい目標となりつつあります。
また特定の骨の条件(量、形態)が悪く、インプラントが埋入できない場合、その部位の骨の形や量を変えることにより、インプラント治療を可能とし、義歯から解放されることも可能になりました。

これらを可能とした各種の生体材料を用いた治療法の総称を組織再生誘導療法と言います。

エムドゲイン 骨移植材

歯周組織再生療法は長期間の臨床治験を経て、その予知性の高さ、および有用性と安全性に対する高い評価を得ています。
その結果、現在では日本においても大学病院や歯周病専門医によって日常臨床に取り入れられてきています。

当院においても、歯周病専門医としての立場からこれらの歯周組織再生療法を大変有効な治療法と考え実際に導入しています。しかしながら、希望される患者さん全員に適応となるわけではありません。
患者さん自身がそれを望み、担当医が各種の検査により適応症と診断し、なおかつ患者さんに対するメリットが大と考えられる場合に限りこれらの先端医療を積極的に用いていくことを担当医が提案します。

GTR法

GTR法

GTR膜でスペースを確保し、歯根膜細胞の誘導、新生セメント質形成、結合組織性付着の獲得+骨再生を行います。

GTR法の詳細ページへ >>

GBR法

GTR法

GBR(骨誘導再生)法とは、欠損した骨組織を再生させる治療法です。
GTRの技術を応用して、歯槽骨が欠損した部分も再生が可能となります。

GBR法の詳細ページへ >>

PRP法

PRP法

血小板が豊富に濃縮された血漿でgel形態を作り骨の移植材料に添加して使用することにより新生骨の形成が促進されます。
患者さん個人の生体治癒能力を利用するため、治癒反応が非常によいのが特徴です。

PRP法の詳細ページへ >>