診療案内

シンプラント

当医院では最先端のコンピューターシステム(SimPlant)を活用してインプラント治療を実施しています。

シンプラント(SimPlant)とは、インプラント術前シミュレーションソフトです。

シンプラント(SimPlant)とは、インプラント術前シミュレーションソフトです。
同タイプのシミュレーションソフトとしては、世界中の最も多くのクリニックで利用されているシェアNo.1の信頼性が高いソフトです。
従来のレントゲンの平面画像だけですと、内部の状態を正確に把握することが困難で、実際に手術を行ってから内部の状態に合わせて、予定のインプラント埋入角度を変更しなければいけない場面もありました。
しかしCTの3D画像とシンプラントにより、あらゆる角度から顎の骨を立体的に表示されるため、レントゲン画像では分からなかった骨の形や量などを把握でき、正確な診断が可能となります。

またCT画像より作成する3D画像により、立体的な構造がわかりやすくなり、ご説明する際も患者様の理解度が大幅にアップします。
リアルな画像による治療説明やオペのイメージトレーニングにより、時間を無駄にせず安心で確かなオペを実現することができます。
患者様にとっては、安心・納得した上で、インプラント手術に臨むことができます。

シンプラントを利用するメリット

シンプラントとサージカルガイドを併用することにより、より正確なオペ方法を選択することができます。
とりわけシンプラントは、世界中の主要メーカーの様々な型のインプラントに対応しておりますので、症例によって異なるインプラントを使い分けることが可能です。

シンプラント使用による手術の流れ

■ 診察・インプラント治療方針立案

Step.1

口腔内の型を採り、失ってしまった歯の形を再現した装置を作成します。

口腔内の型

Step.2

CTを撮影します。

CT

Step.3

3D画像解析・手術のシミュレーション

3D画像解析・手術のシミュレーション

CTデータを基に、神経や歯根の位置を確認しながら、インプラントの埋入手術をシミュレーションします。
使用するインプラントの選択や、埋入の位置や角度など、精密な手術計画を立てます。
Step.4
手術用ドリルガイド(サージガイド)作成
シミュレーションした計画通りに手術を実行するための手術用ドリルガイド(サージガイド)が作製されます。
骨支持を行う症例の場合、患者様の骨とそっくりのモデルを用意して、歯科医師がリハーサルを行うことも可能です。
Step.5
仮歯の作製
口内の型と手術後の型のシミュレーションによって、仮歯を作製します。

無剥離無切開インプラント手術と義歯の装着

Step.6
手術(ガイデッドサージェリー)
必要な全てのパーツがそろった上で、実際の手術を行います。
微妙な角度まで全てサージガイドが補助するため、予定よりズレたり、角度が変わってしまうこともありません。
また歯科医師の手がぶれるなどのミスも防ぐことができます。
ほとんどの場合1時間程度で手術が完了します。
歯肉を切開・剥離して骨を確認する必要がないので出血や傷も最小限で済み、術後の腫れが少なく、患部が早く治癒します。
(2週間~)
【手術の流れ】
1. サージカルガイドの装着 …手術のためのガイドを歯にぴったりはめます
2. 歯肉パンチ …インプラント埋入のための穴をハンコを押すようにして開ける
3. インプラント埋入 …インプラント体を埋入します
Step.7
義歯(最終補綴物)の装着
手術行程が終わったらすぐに、前もって作製しておいた義歯を装着します。
その日に食事することも可能です。
Step.8
術後の診察と説明
手術完了後に診察して問題がないか確認し、その後のメンテナンス方法や留意点などを説明します。
以上で、インプラント治療は完了となります。